DIOR HOMME / ディオール オム


2001年、イヴ・サンローランでメンズウェアラインのデザイナーを担当していたエディ・スリマンが立上げのアーティスティックディレクターを担当しクリスチャン ディオールのメンズウェアラインとして発足。ファーストシーズンからディオールオムは世界にセンセーションを巻き起こした。「男たちにもっと洗練され、もっと魅力的なものになって欲しい」と語るスリマンは、黒を基調にレザータキシード、細身のジャケットを中心とした非常にタイトなシルエットの作品を発表。世界中のデザイナーに影響を与え、一つのトレンドを生み出し、日本でも多くの雑誌に取り上げられた。2007年、スリマンは惜しまれつつも、アーティスティックディレクターを辞任。スリマンの後任として、クリス・ヴァン・アッシュが就任。11年に渡ってクリエイティブディレクターを担当したのち、後任として、7年間に渡ってルイ・ヴィトンを引っ張てきたキム・ジョーンズが抜擢。また、アーティスティック ディレクターになったキム・ジョーンズが、AMBUSHのYOONをジュエリー デザイナーに任命。尚、2019春夏コレクションより、「ディオール オム(DIOR HOMME)」が、ブランド名を改め、ウィメンズラインとともに「ディオール(DIOR)」として生まれ変わることになった。

Featured  |  Price:Low to High  |  Newest Arrivals
  • PREVIOUS
  • Showing 1-4 of 4 Results
  • NEXT