BALENCIAGA / バレンシアガ


1915年に、デザイナーのクリストバル・バレンシアガがテーラーリングのメゾンとして立ち上げたのがはじまり。独学で裁断と縫製を学んだ後に、カサ・トレス公爵夫人のパリのスーツをリメイクした服の製作でその才能が認められマドリードの仕立て屋で修業。女性服の革命者「ポール・ポワレ」に師事し、エドワード・モリヌー(「シンプル&エレガンス」の父)の影響を受けたバレンシアガは、完璧な縫製技術によるシンプル且つ芸術性の高いスタイルで、“クチュールの建築家”と称された。シンプルで完璧なシルエットはパリファッションの象徴として世界的名声を得ることとなり、ディオールの「ニュールック」の前身ともいえるワイドスカートスーツを発表し、業界に衝撃を与えました。39年にはウール生地による「黒いドレス」シリーズを発表。55年に発表した“チュニックライン”といわれるスタイルはクリスチャン・ディオールの“Aライン”とともにファッション界の話題を独占。トップクリエイターとして業界に大きな流れを作った、まさに20世紀のファッションブランドを代表するメゾンといえる。2015年、ヴェトモン創設者として知られるデムナ・ヴァザリアが新アーティスティックディレクターに抜擢され、現代ではストリートシーンを牽引するブランドとなった。

Featured  |  Price:Low to High  |  Newest Arrivals
  • PREVIOUS
  • Showing 1-12 of 33 Results
  • NEXT